食器買取します!ブランド食器・陶磁器・クリスタルなど食器を売るなら                     LinkIconサイトマップLinkIconお問い合わせLinkIcon会社概要

食器 買取 岡山
食器 買取 岡山

食器の事ならお任せ下さい!高価買取させて頂きます!

食器 買取 岡山LE CREUSET
<ルクルーゼ>

食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山

ル・クルーゼの故郷はフランス・パリから車で2時間ほどの場所にある小さな村、フレノワ・ル・グラン。ベルギーとの国境にほど近いこの村は古くから鉄や石炭、砂の輸送ルートがあったことから、200年以上にもわたって、鋳物製品が伝統的に作られてきました。
1925年、鋳物のスペシャリストであるアルマン・ドゥザゲールと、熟練のホーロー細工職人であるオクタヴ・オーベックは出会います。2人は互いの知識を交換し合い、技術とセンスを融合させることにより、それまでにはなかった革新的なデザインと卓越した品質を叶えた鋳物ホーロー鍋の製造技術を開発しました。
村の一角に工場を創業した2人は、「ル・クルーゼ」という社名をつけました。「ル・クルーゼ」は、高熱でどろどろに溶かした鋳鉄を溶かす時に使う坩堝(るつぼ)を意味するフランス語「クルーゼ」に由来します。

食器 買取 岡山


創業年の1925年、現在にいたってはベストセラーとなっている「ココット・ロンド」の第1号となるモデルの製造を開始。機械と職人の手で丁寧に仕上げた金属の原型に、鮮やかなオレンジ色のカラーコートを吹きつけました。ル・クルーゼの象徴ともいえるその独特のオレンジの色味は、高炉で鉄が煌々と燃えさかる色になぞらえて調合されたもの。当時、お鍋といえば鉄の色(=グレー)というイメージがあったなかで、躍動感にあふれるオレンジ色を配したお鍋の登場は大変画期的でした。
ラジオをメインに、鋳物ホーローウェアの特長をアピールすると、ル・クルーゼの魅力はあっという間に世間に知れわたりました。1940年代に入ると第二次世界大戦が始まったことから安定しない時期がつづきましたが、そのような中でもドゥザゲールとオーベックは改良を重ねつづけ、製品を深く熟成させていったのです.1955年には「グリル」のファーストモデルを発表。この頃から本格的に世界に進出し始めました。

食器 買取 岡山

1957年、ル・クルーゼはフランスの歴史ある鋳物工場、クーザンス社を買収。これにより、技術力や生産性が高まりました。
1958年にはアメリカのインダストリアルデザイナー、レイモンド・ローウィのデザインによる流線型のお鍋「コケル」を発表。
1972年にはイタリアの著名デザイナー、エンゾ・マリのデザインによる、シェイプされた取っ手が特徴的な「ママ」を発売。さらにはアウトドアやウィンタースポーツの流行に合わせて「フォンデュ」を製品ラインに加えるなど、さらなる機能美とデザイン性の追求に力を注ぎました。
1974年にはアメリカのサウスカロライナ州にアメリカ支社を設立。1988年にはイギリス支社を設立しました。

食器 買取 岡山

1991年には日本支社を、1994年にはドイツ支社を設立。1990年代に入ると、ル・クルーゼは鋳物ホーロー鍋の魅力を世界中に伝えるべく、さらに積極的にグローバル化をはかりました。また、新たなカテゴリーでの展開も積極的にするようになりました。1991年には、世界で最も優れたワインオープナーと評価されているブランド「スクリュープル」をアメリカのハーレン社より買収。世界中の食卓で欠かせない存在のワインオープナーの製造・販売を手掛けるようになりました。
1995年以降は、ステンレス・スチール、ストーンウェア、シリコン・キッチンウェア、エナメル・スチール、布製品、TNSなど、幅広いラインアップを展開。“キッチンからテーブルまで”をテーマに、トータルにコーディネートできるブランドとして成長しました。また、それまではフランスの食卓を基本に考えた製品展開をしていましたが、世界中の食文化やトレンドに沿った製品も開発するようになりました。たとえば、インドでは、日常的に食されるカレーのためのお鍋「カラヒ」を。日本ではすき焼き用の鍋「ココット・スキヤキ」を販売(現在のココット・ジャポネーズの前身)。ほかにも中華鍋にヒントを得たオリエンタルスタイルの鍋「ウォク」や、タジン鍋を楽しむ「タジン」など、各国の食文化を充実させるラインアップを展開するようになりました。
このように、ル・クルーゼは時代の変化とともにラインアップを拡充させてきましたが、 品質へのこだわりは守り抜いてきました。創業当時と変わらず、すべてのお鍋をフランスの自社工場で生産。ひとつのお鍋ができ上がるまでに何人もの熟練した職人の手を通し、完璧な製品を作り上げています。
首尾一貫した品質はもちろん、信頼性とオリジナリティ、そして革新的な発想があるからこそ、ル・クルーゼの製品は「伝統」と「革新」という相反する概念を併せ持つことができているのです。

食器買取 ウエッジウッド食器買取 バカラ食器買取 ノリタケ食器買取 ロイヤルコペンハーゲン食器買取 ヘレンド食器買取 エルメス食器買取 ストウブ

食器買取 リヤドロ食器買取 カガミクリスタル食器買取 アラビア食器買取 リチャードジノリ食器買取 スワロフスキー食器買取 ファイヤーキング食器買取 マイセン食器買取 アウガルテン

食器買取 ルクルーゼ食器買取 イッタラ食器買取 ラリック食器買取 ロブマイヤー食器買取 大倉陶園食器買取 ローゼンタール