食器買取します!ブランド食器・陶磁器・クリスタルなど食器を売るなら                     LinkIconサイトマップLinkIconお問い合わせLinkIcon会社概要

食器 買取 岡山
食器 買取 岡山

食器の事ならお任せ下さい!高価買取させて頂きます!

食器 買取 岡山MEISSEN
<マイセン>

食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山

食器 買取 岡山約300年前、ヨーロッパで初めて硬質磁器を生みだしたドイツの名窯「マイセン」。その繁栄の歴史の裏には、時代の流れや、陶磁器に果てしない情熱を傾けた人々を抜きにして語ることはできません。17世紀、ヨーロッパでは中国の磁器や日本の伊万里などが盛んにもてはやされていました。純白で薄く、硬く艶やかな硬質磁器はヨーロッパでは未だにつくりだすことのできないものであり、列国の王侯貴族、事業家たちはやっきになって製法を見つけようとしていました。
なかでもドイツのザクセン選帝侯アウグスト2世(アウグスト強王)は東洋磁器屈指の蒐集家であり、アウグスト軍に属する兵士600人とプロイセンの竜騎兵の壷151個を交換したという逸話も伝わっています。強王は、蒐集した磁器で城館を飾っただけでなく、錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを監禁して磁器製造の秘法を研究させました。
艱難辛苦の末、ベトガーは1708年、ようやく磁器に近いものを作り上げ、1709年には白磁製法を解明、1710年、ついにヨーロッパ初の硬質磁器窯「マイセン」が誕生しました。


食器 買取 岡山翌1710年にドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、硬質磁器製造の独占権が与えられた。これが現在の「国立マイセン磁器製作所」の始まりである。数ヵ月後に磁器工場は25km離れたエルベ川沿いのマイセン地方・アルブレヒト城の内部に移され、厳重に機密が保持された。また、同年1月23日には「ザクセンでは今や東インドと同等の磁器の製造が可能になった」という布告が出ている。
なお、ベトガーは幽閉を解かれることなく、直ちに染付の複製を命じられた。しかしベトガーはこれを果たすことなく37歳で死亡した。
また近年の研究では、チルンハウスは1704年に既に磁器の焼成に成功していたのではないかとも考えられている。マイセンはエルベ川の舟運により材料・製品の輸送が容易であり、また近辺には露天掘りでカオリンを採掘できる鉱山もあり(現在では坑道を掘って採掘)、この立地条件の良さが現在に至る繁栄を支えてきた。

食器 買取 岡山初期のマイセンのデザインは中国の五彩磁器や日本の伊万里焼の影響を受けているが、1720年にウィーンから招かれた絵付師・ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト(1696 - 1775)らによってヨーロッパ的なロココ調の作品が主流になった。1764年には工場私設の芸術学校が創設され、4年間の訓練・実習と専門課程が設けられている。また、1865年に作られた国立マイセン磁器製作所では、この芸術学校の卒業生が大勢働いている。贋作防止のため、マイセンの陶磁器には交差した二本の剣のトレードマークが1723年から用いられており、これは現在まで使われているトレードマークの中ではもっとも古くからあるものの一つである。なお、刃や鍔の傾きなどは年代によって変化している。1735年に誕生し、2005年で生誕270年を迎えたマイセンの定番シリーズ「ブルーオニオン」。これを記念し発表されたのが「ブルーオニオンスタイル」。原画のイメージをそのままに、シンプルでモダンなデザインとなっています。

食器買取 ウエッジウッド食器買取 バカラ食器買取 ノリタケ食器買取 ロイヤルコペンハーゲン食器買取 ヘレンド食器買取 エルメス食器買取 ストウブ

食器買取 リヤドロ食器買取 カガミクリスタル食器買取 アラビア食器買取 リチャードジノリ食器買取 スワロフスキー食器買取 ファイヤーキング食器買取 マイセン食器買取 アウガルテン

食器買取 ルクルーゼ食器買取 イッタラ食器買取 ラリック食器買取 ロブマイヤー食器買取 大倉陶園食器買取 ローゼンタール