食器買取します!ブランド食器・陶磁器・クリスタルなど食器を売るなら                     LinkIconサイトマップLinkIconお問い合わせLinkIcon会社概要

食器 買取 岡山
食器 買取 岡山

食器の事ならお任せ下さい!高価買取させて頂きます!

食器 買取 岡山WEDGWOOD
<ウェッジウッド>

食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山食器 買取 岡山

食器 買取 岡山ウェッジウッド(Wedgwood & Corporation Limited)はイギリスの陶磁器メーカー。ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立された。
ロイヤルドルトン社と並ぶ世界最大級の陶磁器メーカーの一つである。主に高級食器を製造・販売しているが、アクセサリやタオル、テーブルクロスなども扱っている。
日本には子会社としてウォーターフォード・ウェッジウッド・ジャパンがある。

"英国陶工の父"と称されるジョサイア・ウェッジウッドは、1730年、チャーチヤード工場を営んでいた陶工トーマスとメアリー・ウェッジウッドの末子、第13子として、イギリス スタッフォードシャーに生まれました。9歳の時に父親が亡くなると、長兄の受け継いだ工房で徒弟となり、修業後、1754年には当時英国の最も偉大な陶工で、フェントンのマスターポッターであったトーマス・ウィルドンとの共同経営に入ります。そこでジョサイアは実験につぐ実験を重ね、アゲート ウェア、クリーム ウェア、新しい釉薬などの研究を進めました。彼は、後にこう記しています。「作品の胎土、上釉、色、形をたえず改良していこうと試みる時、我々を取り巻く大地は限りなく広がり、良い土は豊富にあり、労をおしまず努力する者には、その苦労にむくいる充分の恵がある。」これらの実験がその後の活躍の布石となり、壮大な事業に欠かせない財産となりました。ジョサイアの持ち前の職人魂と進取の気性が、「ウェッジウッド」を世界に冠するブランドへと成長させたのです。


食器 買取 岡山「これまでの陶芸を一歩進めて、芸術の域まで洗練させたい。」
それを夢見たジョサイアは、生涯、研究と実験を重ね、いくつもの名品を誕生させました。
完璧を目指して実験を重ね、白い器を作るのが難しかった当時にしては画期的な乳白色の「クリーム ウェア」を生み出します。この優雅なクリーム ウェアは時のシャーロット王妃を魅了し、「クイーンズ ウェア」の名が与えられ、1766年にはシャーロット王妃より「Potter to Her Majesty(女王陛下の陶工)」を拝命します。
ジョサイアはここで満足せず、研究や実験を重ねました。そして、1768年には深みのある光沢を放つ「ブラック バサルト」を完成。さらに、1774年には数千回の試作を経て、最大の偉業であるオリジナルの素地「ジャスパー」を発明しました。このユニークなストーン ウェアは、マットな質感で上品な色合いを特徴とし、当時の流行であった新古典主義デザインのレリーフ(装飾)を施してあり、まもなく世界中で多大な人気を博すこととなりました。


ジョサイア・ウェッジウッドは、1795年1月3日世を去りました。彼の傑出したパーソナリティと周囲に与えた影響力はあまりにも大きく、ジョサイアほど陶磁器産業の発展に変化をもたらした人はいないといっても過言ではありません。

「ご婦人方を驚かせ、楽しませ、喜ばせ、度肝を抜く、それどころか(楽しみで)有頂天にさせることが目的」(ジョサイアの言葉)

『芸術と技術の融合を目指し、時代を先取りした製品を次々と生みだす』ことを夢見たジョサイア・ウェッジウッド。品質の高さ、細部へのこだわり、ユニークなデザインなど、ジョサイアが築いたブランドの根幹は、2世紀半を超えて、脈々と受け継がれています。英国らしいエレガンスを纏った新作への発表、新進気鋭のデザイナーとのコラボレーションなど、新たな挑戦に限りがありません。

食器買取 ウエッジウッド食器買取 バカラ食器買取 ノリタケ食器買取 ロイヤルコペンハーゲン食器買取 ヘレンド食器買取 エルメス食器買取 ストウブ

食器買取 リヤドロ食器買取 カガミクリスタル食器買取 アラビア食器買取 リチャードジノリ食器買取 スワロフスキー食器買取 ファイヤーキング食器買取 マイセン食器買取 アウガルテン

食器買取 ルクルーゼ食器買取 イッタラ食器買取 ラリック食器買取 ロブマイヤー食器買取 大倉陶園食器買取 ローゼンタール